読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N girl 〜女子の生き方・働き方〜

人生を豊かに、華やかに。

ニューヨーカーにナンパされ〇〇に連れていかれた話

f:id:wagamamajoshi:20170512235357j:plain
これは今年の1月にあった出来事。

海外、ニューヨークに行って

やっぱり期待するのは恋愛ですよね

今回はあるニューヨーカーにナンパされた話。

ニューヨーカーのナンパ


ニューヨークにきて5日目くらいのこと。

正直、

むちゃくちゃアウトドアかと言われると

全然違うから

海外にきても

ホテルでぼーっとすることのほうが多い。


とか言いながら

時間がもったいないので

外に出ることにした。



なんかおもろいことないかな~

って思いながら駅の中を歩いてると

ニューヨーカーに声をかけられた。


「Your shoes are very nice!」

と背後から声が聞こえた



はい、きた!!

ナンパ!!

ワンチャンありちゃう!?



って思ったのもつかのまだった



振り返ると

まあまあ老けてるおっさんやった

おまえか~~~い!

それも坊主かはげなんかわからんような頭やな

一言でそのひとを表すとするなら

タコ

深海魚だ。

かなりインパクトが強かった



私は「Thank you」と

吐き捨てるかのように

その人の後を去った



しかしだ。

なかなかしつこい。



それも、

絶対興味ないのに

「どこでこの靴かったの?」

「この靴は何色なの?」

「いつ買ったの?」

など

靴についての質問ばかりしてくる。



もしかして、

アパレル系の社長なのかなと思って

全部無視して

「仕事は?」と聞いた

そうすると

彼は自慢げに答えた。

「ビルを建ててる」と。

お。

ありちゃう?

お金持ちちゃうん

深海魚もなかなかやりよるな

と思い、

「自分のビルを建ててるの?それとも建築士?」

と聞いた


だがしかし

彼は笑いながら

「雇われだよ、毎日重いもの運んで腰痛いわ~」と。


はい、用無しwww

帰れ!

今すぐビル立ててこい!

って言いたかったけど

お気に入りの靴をほめちぎられたから

話を聞いてあげることにした。


「何してんの?なんで声かけてきたん?」

と問うと

「暇やし、することない」と。

私は絵のギャラリーに行きたかったので

案内してもらえるか聞いた

即答でOKでたので

デートとは言いたくないが

初!深海魚ニューヨーカーとデートをすることになった。


ニューヨーカーとのデート


ギャラリーに向かう前に

「ドリンク買ってくる」

と気をきかせてテイクアウトできるカフェに

おじさんは消えた



数分して現れたおじさんの片手には

オロナミンCのビンみたいなものが見えた


でも1つだけだった

え?

1つ?自分のは買わないんだ

と思った瞬間

彼は一口飲んで私に渡してきた

え?え?

今飲んだよね?

いやいやいや・・・・

ないでしょ!!!

ってかこのドリンクなんやねん!!

ラベルを見ると




「milk」



うわ~~~~~

無いわ。

この世で一番無いわ

デートでミルクて!!

赤ちゃんか!!



普通さ、

フルーツジュースとかさ、

カフェラテとかティーとかさ。

なんかもっとオシャレなんあるやん

よりによってミルクて!

センスなさすぎるやろ、

私は驚きと幻滅で声が出なかったが

「いらない」

とぼそっと答えると

目ん玉が出てくるんちゃうか思うくらいの

驚いた魚顔で

「Why?」と。

もうめんどくさかったから

てきとうにごまかしてギャラリーに向かうことにした。



ギャラリーに着くまでに

他の観光スポットも案内してくれることになった。

それはまあまあ良かった。

案内してくれている時に

話は少しはずんだ。

なぜかというと、

彼はマンハッタンのアッパーイーストサイドという、

高級住宅街に住むおぼっちゃまだった。

結果的にお金持ちだった。

私はゴシップガールというマンハッタンが舞台の

アメリカンドラマのファンでもあったので

かなりテンションが上がった。



そして少しずつ自分を取り戻しながら

ギャラリーの通りに行った。

しかし

私が行った時期はカウントダウンが終わってすぐだったので

ギャラリーはすべて閉まっていた。

1時間くらいかけて

ありとあらゆるギャラリースポットを回った。

しかし

すべて閉まっていた。

あ~ついていない。

ギャラリーも見れず

ようわからんおじさんとずっと一緒。

テンションが下がってきたくらいに

おじさんが私の機嫌を取ろうと

ディナーに誘ってきた。

ミルク事件もあったし、

ディナーは期待できるだろうと思い

私はOKした。

彼いわく、

ものすごくおいしいガレットのお店があるらしく

そこにいくことにした。

ガレットとはクレープ生地みたいなやつに

色々はさんである、

オシャレな感じのやつ。

私は超テンション上がりながらついていくことにした。


これが後々最悪な事態へと発展する。

ニューヨーカーとのディナー

レストランは少し離れているらしい。

私は電車が苦手なのもあり

ニューヨークではほぼほぼタクシー移動だった

なのでタクシーが良いとお願いした

しかし彼はタクシーは電車より高いから電車で行こうと

かたくなに言ってくる

結局私は折れて電車でいくことになった



駅についてお店に向かおうとしたとき

彼は降りる駅を間違えたとか

ふざけたことを言い出した


だからタクシーがいいって言ったのに

とかおもいながら

歩いてそこまでいくことになった

結果、

30分くらい歩いてたどり着いた。



しかし

まさかのカウントダウン後というのもあり

そのお店は閉まっていた

死にたかった

なんで予約とか事前にホームページ見るとかせーへんねん

正直いらいらした。

このおっさん本間役に立てへんわ

っていうのと

なんで今このおっさんと一緒にいてるんやろう

ってゆう疑問が生まれてきた

早く食べて早く帰ろう

そう思い、

もうどこでもいいから

空いてるレストランに行こうと提案した


そして

空いてるレストランを見つけては

「ここは?」

と私は聞くが

彼の答えは

「ここは高い」

ばかりだった。


ほんまくそやな

って思いながら

私もだすから大丈夫といった瞬間

あそこに行こうと指さされた

彼の指さす方を見ると

まさかのスーパーだった。

私は目を疑った

え、

スーパー、、、

スーパー!?

一番無いやつやろ!!


彼の顔を見ると

すごく晴れ晴れしい魚顔をしている

私は妥協してスーパーに向かうことになった


そして連れていかれた場所は、、、


スーパーのお惣菜コーナー


初めてデートでお惣菜コーナーに連れていかれた。

彼はプラスチックのパックを私に持ってきて

「なんでも好きなものを選んでいいよ」

と自信満々で言ってきた

本間に引いた。

冗談は顔だけにしてくれって言いたかったけど

もうそんなことをいう気力が出ないくらい疲れていた

そして私はチキンやビーフ、サラダなどを選び

お会計に行った

彼は「多すぎじゃない?」

とケチを言ってきたが

「私はフードファイターだから。」

とか意味不明なことを言って流した

彼は目がはてなになってたけどおごってくれた


2階に小さいフードコート的なものがあって

そこで待っててと言われ

先に待つことにした。

そして彼は自分の購入したごはんをもって

やってきた。

やっとたべれる。

かなりおなかがすいていたので

高級料理並みにおいしそうに見えた

いただきますをし、

食べだしたその時、

彼の方に目をやると

彼のパックにはまさかの




ブロッコリー2つだけだった。



普通に爆笑して、

口に含んでいたチキンを吹いてしまった。

ブロッコリー2つってやばすぎる

笑かそうとしてるんかなと思って

なんでそれだけか聞くと

ダイエット中なのだとか。

一生ディナー誘うなって思った

彼の顔も毛のないブロッコリーに見えてきた


彼は一瞬で食べ終わり

私のことを待っている。


彼は暇らしく、私に沢山質問をしてきた。

「彼氏いるの?」

「どんな人が好きなの?」

「今までどんな人と付き合った?」

すべての質問が恋愛トーク

うんざりだった。

と同時に彼が私の事を好いてるのにも

気づいてしまって

逃げ出したかった


食べるスピードを上げ

その場を足早に去ることにした

私はもう「帰る」と言い、

タクシーを拾おうとすると

彼はそれを止め、

「まだ一緒にいたい」

と言ってきた

心の中では白目をむいていたが

情深いもので

もう少し一緒にいることにした

「電車でゆっくり帰ろう、送るよ」

と言われ駅に向かったが

まさかのまた乗る電車を間違えられ

遠回りになった

疲れといらいらがピークだったので

適当に駅でおりてタクシーで帰るといった。

そして

私は最後に今日のお礼を言いたいから

メールアドレスだけ教えておいてと言った。

しかし

まさかの連絡先の交換を断られた。

・・・・・。

なんだか侮辱された気分になった

なんで落ち込んでるのか自分でもわからなかった

どうして断るのかと聞くと

「付き合ってくれないなら教える必要がない」

ときっぱり言われた

「お礼なんていらない」

と冷たくあしらわれ彼は去っていった。



結果、

告白もしていない深海魚ニューヨークおじさんに

わたしはふられタクシーでホテルまで帰った。

今日、私は初めての経験を沢山した。

学んだことは1つ。

深海魚系のおじさんにはついていかない方が良いってこと。

みんなも気をつけてね。

wagamamajoshi.hatenablog.com