読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N girl 〜女子の生き方・働き方〜

人生を豊かに、華やかに。

不倫にはまる、20代女子達の裏側とは

f:id:wagamamajoshi:20170315174050p:plain
基本、刺激的なことに対して

興味がある。

新しいこと、わくわくすることに

目を輝かせてしまう人は

怖いもの知らずの性格だ。

「初めて」の

このどきどきするかんじは

やっぱり忘れられないもの。


色んな方からの相談で

不倫について語ってみる。



「不倫」って聞いて

大抵の人は

ご法度というかやばいよねってなる。

特に

まっすぐ生きてきた人からすると

考えられないものなんだけど。

その世界は

知った人しかわからない。




どうして自ら、

「幸せ」になれない道を選ぶのか。

どうして自ら、

「リスク」を背負うような選択をするのか。

不思議でたまらなかった。



どうして不倫するのか

どうしてその道を進んでしまうか。

1つは「きっかけ」である。

出会いが多い人の方が

確立的にその「きっかけ」に当たる。

仕事、職場恋愛に多い。


そして、

大体の場合、

はじめは遊び感覚で始まる。


1回きり。

最初で最後。

的なマジックワードと、

お酒飲んでたし

むこうから誘ってきたし

みたいな言い訳できる理由を既に

作っている。



その2つが作りあがった状態で

底なし沼の底をのぞこうとする。

しかし、

女の場合は「突然」の不倫はない。



「準備期間」がある。

ごはんに誘われた時点で

スケジュールが決まった時点で

「何かあったとき」のために

下着を可愛いのにしたり

ネイルを彼好みにしたり

全身脱毛処理する。

そう、

基本「突然」はないのだ。

しっかり準備万全で

あたかも「突然」の不倫スタートをきる。

無意識に意識している状態ってやつだ。

結局何か期待しているのは女の方なのだ。


不倫あるある

いざ不倫してしまうと罪悪感に満たされる。

「うわ~やってもうたわ。」

「奥さんに申し訳ない。」

「なにやってるんやろう。」

そう、

反省タイムが入る。



しかし、

「1回だけやから大丈夫」

言い聞かせる。

自分は悪くないと。

マジックワードと言い訳が

罪悪感から守ってくれる。



しかし、

その矢先に

大体2回目の予定を聞かれる。


「次はいつ会える?」


もう、この連絡がきたらどっぷりはまる5秒前だ。

はい、

はいっ底なし沼~~



ここできっぱりやめれるタイプは

不倫仲間や純粋友達から賞賛される。

だがしかし、

決して意志強い系女子ではない。

ただたんに、

セックスが微妙だったか

もう、満足して飽きたかの2パターンだ。

振り向かすだけ振り向かせて捨てる

男を虜にするタイプ。

自分を意志強い系女子だと

思い込んでいる人は

必ずいつかまた不倫するときくるからな。

かまえとかなあかんで。



そして、

「次はいつ会える?」

に対して

また会ってしまうタイプは

「求められることに喜びを感じる」

「相性があう」

「奥さんより上、優越感を感じる」

などの3パターンだ。

この3つが

そろうと終わりのない不倫地獄にはまる。


1つやとまだ割り切れる場合が多い。

2つやともうはまってもうてる。
抜け出しにくい。

3つやともしかしたら離婚してこっちくるかも
みたいな期待感抱くくらい好きになる。


なんにしろ、

不倫は不倫だ。

いけないことだ。

そう、

いけないこととわかっていながらしてしまうのが

人間だ。




やっかいなのは

不倫中に会えない時、

こっちが暇で連絡がない時。



頭の中はその人のことばかり。


今日会えないかな~

連絡してもいいかな~

迷惑かな。。

奥さんといるのかな

仲いいのかな

私以外のひとにもあってるのかな

うわ~嫌やな

てかなんで今日連絡ないんやろ

なんか隠してるんちゃうん

いろいろ嘘つかれてるんかな

てかやさしいように思えて

やってること優しくないよな

奥さんになんて嘘ついてるんやろ

簡単に嘘つく男最悪やな

私にも絶対嘘ついてるやん

でもしゃあないしな。

私特別な気もするし。

信じてあげよう。

みたいなルーティーンがぐるぐるぐるぐる。



病んでは会って好きになり

病んでは会って幸せな気分を持ち帰り

終わりっていつなんかな

って思うようになる。

人によっては、

好きだけど好きすぎて突き放すタイプもいる。

不倫の終わりって?


よく不倫の終わりっていつだろうっていう

話が議題にあがる。

まず、

付き合ってもない。

付き合う以前に相手には自分より大切な人がいる

別れっていつなんや。

離れても会いたくなる

離れているほうが会いたくなる。

さみしくなる。

考えてしまう。


別れは突然にくるパターンと

どちらかが切り出すパターンの2つ。

前者は、

誰かにみつかり(大体奥さん)

問い詰められ、

義務的に別れさせられる

これほどつらいものはないですね。

今まで聞いた経験ないけどドラマでよくあるやつね。


後者は、

大体女の方が切り出すパターン。

ちゃんとした恋愛をしたい。

本当の幸せを手に入れたい。

みたいな偽りではないリアルな幸せを求めた時。

我に返るというかなんというか

振り出しに戻るかんじ。

そんな人にはおめでとうを言いたい。

君はこれを乗り越えたらなんでもできるよ。と。


関係を長く続けていくほど

その思いは徐々にでてくる。


結局何かあったときに戻る場所は奥さんのところ。

大切なものを捨ててまで愛せる勇気がない男ばかり。

いつも中途半端でずるいんだよ。

不倫って深い。

普通の恋愛より刺激的。

ドラマのような恋愛はできるけど

やっぱりどこか虚しさは消えないもの。

ずっとぽっかりあいた心、

誰も埋めれない。

でも、

相手にこたえを求めてはいけない。

あなたを幸せにできるのは

あなたしかいない。

あなたの選択があなた自身を幸せにする。


あなたの人生に幸あれ。

wagamamajoshi.hatenablog.com