読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N girl 〜女子の生き方・働き方〜

人生を豊かに、華やかに。

全国の脇役の君に捧ぐ、未来を明るくする方法。

f:id:wagamamajoshi:20170127180159p:plain

全国の脇役の君に捧ぐ。

いつも悪口、ひがみばかり。

誰も見ていないのに

自意識過剰で

いない人の視線が気になって

何もできずに動けない

そんな世界の、

全国の脇役の君に捧ぐ。


(少々スパイス効いているので

メンタル弱い人は閲覧注意)



あなたは人生の

主人公ですか?

それとも脇役ですか?

それとも、

役さえもらえていない?




皆さん、

突然ですが

「自分に自信はありますか?」

自信って言われても、

なんに対しての?

ってなりますよね。


漠然と「自信」って言われても

「あります」って答えられる人が少ない。



では、

今から聞く質問に答えてください、

「自分」という存在が

「明るい未来を描いている自信」

ありますか?




年齢や性別や今までの過去、

そんなの関係ありません。



「今のあなた」は

「これからのあなた」に

希望を抱いてますか?



大抵の人が、

「まだ若いから先なんてわかんないよ・・」
「もう年だから先なんてないよねぇ・・」

って答えますね。



いやいやいや、

そんなやつは、

いつになっても

どこにいても

何をしても

自信なんて手に入らないからね。

というか、

もう、人生終わってるかもしれないね。

所詮、

そんなもんだよ。




飛び抜けた成功もなく、

大失敗もなく、

人にも迷惑かけず、

誰にも悪口言われず、

よくもなく、悪くもなく、

特別でない、ノーマルな

脇役の人生を

生きていきますね。



人生は「ストーリー」です。

本にも、

映画にも、

ドラマやおとぎ話にも

「ストーリー」があります。



今まで印象に残った、

本、映画、ドラマ、物語はなんですか?



その「ストーリー」を思い返してみてください。



主人公がいて、脇役がいて

悲しみ、後悔、失敗、残酷な過去、別れ、裏切り
マイナス要素のストーリー


があったり、


嬉しい、出会い、成功、想像もしなかったエンディング
プラス要素のストーリー




マイナス要素のストーリー
プラス要素のストーリー

この2つが

繰り返されることで、

人に「感動」を与え、

人に「印象」をも与えるのです。

そう、

あなたの浮かんだ、

「忘れられないストーリー」の1つのように。



さあ、

もう1つ質問です。

あなたの今までの人生を

人に伝えられますか?

伝えられるような、

「ストーリー」を持っていますか?



そして、

人に「感動」を与え、

人に「印象」をも与えられますか?



他人の心に響かせる、

「忘れられない人」の1人になれますか?

もう一度言います、

「ストーリー」は人生です。

人生は「経験です」




脇役でなく、

主人公になろう。




そして、

「経験」から「自信」が作り出されます。



また、ストーリーを思い出してください。


・失敗があったから成功した
・別れがあったけど出会いができた
・裏切られたけど乗り越えた

この、

マイナス要素のストーリーからの

プラス要素のストーリーが

自信を作り出します。

自分以外の誰でもない、

「自分」だからできた

これが大切です。



よって、

成功しかしていない人も

失敗ばっかりの人も

何もしていない人も

「自信」は持てないのです。



日本人は、

「謙虚でありなさい」

「控えめでありなさい」

「自分より相手のことを思いなさい」

「迷惑をかけてはいけない」

って言いますよね。

私も、

ずっとそうやって言われて育ってきました。

そうやって生きてきたから、

「いい子」でずっといないといけない

という固定概念ができました。



でも、

それは「個性」のない

目立つことのない、

「脇役の人生である」と

一人暮らしをし、

お金も無くなって

逃げて

途方に暮れて

沢山の人に迷惑をかけ、

人に支えてもらわないと

生きていけないと、

プライドがズタズタになって、

さけるチーズしか買えなかった時に

実感しました。


natsumiのストーリーはこちら。

クソ野郎でした。

wagamamajoshi.hatenablog.com




実体験からも言いたいことは、


「あなたにも自信を持てる」

「理想の生活もできるし、未来は明るいよ」


ということです。

でも、

そのためには自分を変える努力も必要です。



「自信がない人」「脇役」に多いのが

「ひがみ」「悪口」「噂」「過去にとらわれてる」
これで、

世界の主人と脇役がわかります。




主人公の特徴は

自分を生きている人です。

自分のために行動し、

目標があってそのために努力をしている。

一人立ちしていて自分を持っている。

まさに主人公。



しかし、

脇役は

いつも人の悪口、ひがみばかり、

相手の視線を気にしながら生きて

誰かの噂話をしながら

群れて楽しむ。

誰かが先頭に立たないと動かない。

群れないと言いたいことが言えない

そう、

人のストーリーでの上でしか生きて行けない

なんてみっともない。



誰に言ってるかって?



あなたですよ。


このブログを読んで、

主人公だって感じた人は

傷つかないし、

へえ〜、

って感じだと思う。



図星をつかれて

焦っているあなたとは違うのです。



でも、

そんな脇役が多いおかげで

主人公は輝けるのです。


さあ、

今の役作りをやめて

主人公になろう。

経験を作ろう。

新しいことに挑戦しよう。

幸せになろう。

あなたの未来は明るいよ。

wagamamajoshi.hatenablog.com